読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演奏会が終わった

今週の月曜日に、私のオーケストラの演奏会があり、無事終わりました。
なんと、シュンポシオン仲間の中山さん、勢川さん、下川さん、Ronronさんが来て下さって、そのあと飲み会をされたそうで、このメンバーの中行けなかったのがもー残念でなりませんです。皆様、下手っぴなアマチュアの演奏にお付き合いいただき、本当にありがとうございました!
f:id:tsuyok:20120429235826j:image:right
今回の演奏会も、やっぱり色々あって面白い半年でした。幹事的な役割を始めてから1年半経過したのですが、ようやくその深い部分に触れる機会が多くなり、より深くそして時間を取って考えざるを得ない状況になりました。楽ではありませんでしたが、私にとっては重要な機会でした。趣味のオーケストラ活動で、人生として深い経験をするというのは、これほど幸せなことはありません。

アマチュアオーケストラは、みんな生活に仕事に忙しい中限られた時間でやっているわけで、正論やあるべき論が通るとは限らないという、会社組織ではありえない(と信じたいw)論理で動きます。そうなると、全員別のことを考えるわけで、それを一つの方向に持っていくというのはそう簡単ではないわけです。辞めるのも自由ですから。

とは言え、その多少焦点が絞られていない一致点と、彼らがまだ見ていない楽しい音楽の世界をある程度重ねあわせ、各個人が満足するような演奏会を創るというのは、それを目指すために考えて行動するというだけでも面白いものです。

その根底にあるのは、まずは仕事をしながらも音楽ができるという状況が当たり前でないという事実と、それに感謝をするということ、下手な演奏を聴いてくださるお客様がいることだと思っています。それを忘れてはアマチュアオーケストラをやると、そもそもの目的を忘れて違う方向に行ってしまうのです。

というのも、今回の演奏会はその認識が合わなかったのかなぁというところがありました。それは一緒に付き合ってくれているプロ演奏家のみなさんも含めて。そういう些細なところの認識が合わないだけで崩れるんだというのは、本当に人間て不思議だと同時に恐ろしさを感じました。おそらく、実力とか技術とかそういうところとは別次元にあるので。

多少曖昧な言い方になりましたが、問題があったことは事実だったわけですネ。でもそんな中で、我々基準で普段の鬱憤を晴らすような感情的なチャイコフスキーが演奏できたのは、良かったなぁと思うところではあります。昔はそんな音はあんまり出なかった記憶があるので。

演奏会という高い緊張感から解放されると、それまで溜まっていた毒が外に出るような感覚があって、本当に気持ちいいです。休むだけが休みじゃない。お陰で仕事もリフレッシュしてできそう。楽しかったなぁ。また次も楽しみだ。ブルックナーだ!