読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにやらないか

先日、「要求開発」という研修を受けた。要求を開発する?という見慣れない言葉であるが、こういうことらしい。

要求開発とは

要求開発とはその名の通り、クライアントの「要求」を「開発」することを意味します。

基本的にシステム開発というのは、お客様の要求があって、インプットして加工して情報システムやソフトウェアをアウトプットするというプロセスで成り立っています。ところが最初のインプットが間違っていると、いくら加工の段階で頑張ってもお客様には満足してもらえません。

ー中略ー

それはインプットの時点で正しく「要求」が開発者に伝わってきていないからです。要求が正しくない限り、いくらシステムを正しく作る努力をしても、結局はそれが無駄に終わってしまいます。間違ったものをいくら正しく作っても、完成したものが役に立たないのはある意味当たり前なのです。間違ったものを作ることにいくら努力を注いでも、徒労感が残るだけです。その問題を根本的に解決しようと思ったら、最初の時点で要求を正しく把握する。その方向に行くしかないのです。

当然、システム開発には目的があり、その目的を達成するために開発するわけだが、私の仕事でも、システムを入れるということだけ決まっていて、何のために入れるのか、何を改善するのかが、明確に出来てない場合が多くある。

そのため、「何を開発するか」の前に「何のために開発するか」をユーザ企業と一緒に考え、かつ経験などの曖昧なやり方をできるだけ排除して、体系化したやり方でやっていきましょう、ということだ。これは、システム開発に携わっていればほとんどの人が同意するのではないか。

研修で講師の方が言っていたのだが、これをやることで、「システムを作る量が減る」らしい。「何のために」を明確にすることで、システム化するべき部分がしぼられるということだ。それを聞いていて、つまり「何をやらないか」ということが重要なのではないだろうか、と思った。

現実として、世の中にはほとんど使われないシステムが多くある。それによってシステム開発会社が潤ってきたわけだが、それが役に立っているかというと、否と言わざるを得ない。システム化の目的は、システムを入れることではなく、業務改善による効率化なのだから、それが達成されない限り意味は無い。

物も情報があふれかえっている現代において、とにかく何かやり続ける、作り続けるというような考え方だと、使われないものや、捨てられるものが増えてしまう。数うち当たるもいいが、それをやろうとすると時間もお金も無限に必要になるが、その分のリターンは少ないのではないか。

そんなことを床屋で髪を切ってもらいながら考えていた。床屋は髪を切るのが目的ではないので、たくさん髪を切ればいいというものではない。仕事はすること自体が目的ではないので、たくさん仕事をすればいい物ではない。いかに仕事をしないか、もっと言うと、いかに生きないか。逆説的ではあるが、今の時代はここに鍵が隠れているのではないか、と大げさなことを考えながら床屋を後にした。