神の視点

私の会社では、どんどんプログラムを書く機会が減っていて、私より年が下の社員たちは、調整だの資料作成だのばかりで、ほとんどプログラムを書かない状態になっている。

組み込み系では少し違うのかもしれないが、Web系はオープンな技術で「やろうと思えば誰でもできる」という点が大きいのだろう。下請けの会社に出した方が結果的は安くできる、という建設業界と同じ構図だ。

結果どうなるかというと、頭でっかちの人が増えてしまうということだ。下請け業者は元請けには逆らえないため、とりあえず正論を押し付ける。そして、技術力が低かろうが、プログラムを仕事として書いたこと無かろうが、神の視点で全能であるような錯覚を覚える。

でも、現実は残念ながら違う。開発チームというのは、もっと泥臭いし、費用とスケジュールが限られている中、ネットでも本でもいわれている開発手法を100%取り入れることなんてかなり難しいレベルだ。

残念ながら、下請けも含めて、最近話題のネット企業のようなレベルの高さは、我々には無い。そんな現状を憂慮するとともに、その泥臭い世界に浸ってやるぞと思っているのだが、なかなか到達できないのは、私の力不足だ。