読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ふつう」ではない

プログラマという職業は「ふつう」の人には厳しくないか (UK STUDIO)

プログラマに正社員的な「勤務」はフィットしない(モジックス Zopeジャンキー日記)

これはプログラマに限らず、デザイナーや建築家、文筆業、料理人、役者など、「プロフェッショナル」と呼ばれる専門的な職業のほとんどにあてはまるだろう。

同感。プログラマに限らずIT業界の人はスーツを着ていて普通のサラリーマンに見えるけど、これらの専門的な職業と同じだと思う。会社外で何か(試験勉強という意味ではない)やっていないと、簡単についていけなくなるし、次の仕事のネタも無くなる。そういうことをやってない人は、残念ながらデスマーチに見舞われやすくなったり(デスマーチをしている人の中には逆に優秀な火消し業の方々もいるけど)、とにかく仕事に時間がかかったりする。

でも、だからこそ面白いんだよね、学歴とか全然関係ないし、とにかくやればやるほど成果は出るし、認められる。優秀な技術者ってのは世の中に求められてるみたいなんだけど、どうも少ないらしい。ITドカタとか色々言われているけど、卒業した大学と、シューカツで入った会社だけ序列が決まってしまうような業界よりは頑張ればはい上がっていける。

この業界に関しては、「となりの席の人との差は、会社外でやってることの差になる」と断言してしまいましょう。