終わりを考える

「いつも終わりを考える」。私の悪い思い癖であります。楽しい時間でも、苦しい時でも、いつもそれが終わることを考えてしまう。苦しい時は早く終わらせようとする。楽しいときはその時間が終わってしまうことを考える。そんなんじゃ何も楽しくない。

本当は苦しいとか楽しいとか関係なく、その時間をしっかりやらなければいけないのに、今やっていることがいい加減になり、あまりいい結果が出ずに反省することが多い。どこか逃げているのかもしれないとも思える。こんなんでいいのだろうか。

いやいや良くないぞ。とにかく今を楽しまないことにはその先の楽しさもない。しかも、それを満足して終わらせることもできない。振り返ることもできない。すべてのことには終わりは来るからこそ、現在が重要である。

とりあえず、2010年も1ヶ月経過して(早い!)考えたことを書いておきます。