読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも変わらない

演奏会が終わって、肩の荷が下りたのか、体も頭も動くようになってきました。ネットブックのwindowsを諦め、ubuntuを入れてみたり、chrome extentionsに感動してみたり、毎日プログラミングをしてみたり、忘年会に行ってみたり。仕事の方は毎日力不足を感じていますが、新しいことをやることは楽しく勉強させてもらっています。山あり谷ありの中で、こういう期間もあっていいんじゃないか、でももう少し長く続いてほしいなんて思っている今日この頃です。

仕事でも何でも、今やっていることをできるだけギリギリの状態でやり、現在進行形で動くようにしていると、他のことを考えることができず、楽です。そして、やっていることをできるだけ長い時間本気で考えることで、ようやく自分がやっているという実感が沸いてくる。そんなスタートラインに立ったので、もっと深くしていこうと思います。

そんなことを思っていたら、中山さんがこんなエントリーを。。

心持ち - 横浜逍遙亭
ともかく、心を如何に明るく、前向きに留め置くことが出来るかがとても大事。これからの日常的な課題。人生の課題。そして、ブログの仲間は、それをともに解決し続けるための大切な随伴者。

ようやくいい状態になったので、少しずつアウトプットし始めました。でも、本当はいい状態であれ、どんな状態であれ、前向きに表に出していかないと、いい方向にいかない。人のせいにしても始まらない。なんてわかってても話したくなっちゃうんですけど、そこは出さない(ようにしよう、これからは)。そして、自分が現在進行形のことを考えて、書く、話すようにする。

「あんた、いつも変わらないねぇ。」

なんて言われてみたいもんです。中山さん、ありがとうございます。