読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WBC監督

原監督が濃厚ということで。確かに今年は巨人が優勝した。お金で一流選手を取ってくる球団での監督の仕事ってなんなんだろう。

ラミレス、小笠原、李承ヨプという重厚なクリーンナップ。クライジンガーやクルーンのようなエース級のピッチャー。こういう人たちを毎年必ず取れるのであれば、主力級の選手を育成する必要なんてないわけで、はじめからドラフト戦略や育成戦略を絞ればいい。

その結果、今年の巨人で芽が出たのが、亀井や坂本や越智のようなある意味サブな役割の選手。野球にはこのような選手も必要なわけだが、なかなかFAで取ってこれる人材ではない。新芽はFA宣言できない。自分たちで育てるしかないのだ。もしくは、木村拓のような経験豊かなベテラン。FAで取ってきた主力と、脇役が上手く回れば優勝できるわけだ。

多くの球団は、この主力を育てるのに苦労する。2年や3年では主力になれない。だからこそ、脇役の成長と主力の成長を両立するというのはものすごく難しい。しかも、主力に成長したと思ったら、巨人や阪神のような球団に持っていかれるのであればたまったものではない。

つまり、原監督の育成戦略としての役割は「脇役の成長」だけしか無かったと言えるのではないだろうか。それはイチローをはじめとした百戦錬磨のメンバーが集まったチームをまとめたり、短期決戦での優れた作戦を立てたり、ということとは無関係だが、少なくとも原監督の功績は、「脇役の成長」、「FA宣言で入ってきた選手とその他の選手の融合」だけだ。それを理由に、日本代表の監督を任せていいのだろうか。

とりあえず、表面的に見えている以外の資質があることを望もうと思う。