後ろ髪引かれずに

自分の役割さえしっかり果たしていれば、他人より早く帰ることは悪ではないと頭でわかっていながらも、どこか後ろめたさを感じる。他人よりも遅くまで残っていたら安心感を感じる。これ、情け無いと思いながらも、私の正直な感情。やはり私も日本人なのだ…。

先日、「IT業界のカイゼンとは」というエントリーで、残業を減らすこと自体がカイゼンとなると書いたが、そもそもIT業界にはそれを阻む要素が他にもある。まず、経費の工数換算。これでは、能力が無い人間が、長い時間をかけた方が儲かる。だから、そもそもカイゼンして短くしようなんていう考えが生まれない。また、製造の外注。これをやってしまうと、KnowHowが垂れ流されるだけでなく、カイゼンしようが無くなる。残業を減らす要素が無い。

情報システム構築を自社で主体的に行わない日本の構造問題
開発・運用をアウトソーシングから自前主義に思い切って変えてみる(良品計画の自社開発の例)

一方、日本では、情報システムを実際に作るのは、子会社になり、外注先になり、SI会社になり、と自社でノウハウを持たない方向へ進んできました。日本電信電話公社三和銀行・みどり会 という母体企業・企業グループをもつ2社が独立系SI会社の大手になっているのもそういう日本の情報システムの構造を象徴しているように思います。そして、情報システムこそコアコンピータンスだから自社で作る、という判断をするような会社がもっとあれば、情報システムの仕事の意義や専門システム会社で働く意義もより深まるのではないかと思います。

色々問題点はあると思うが、この形が理想。自分の物は自分で作るほうが、現場に近い上に、無駄も少ない。また、自分の会社で全て把握することにより、問題点もより明確となり、カイゼンも可能となる。作る会社が違うと、少しの修正でも時間とコストがかかったり、もっと言うと、アウトプットに無駄がある。誰にも二度と見られないドキュメントを膨大な時間をかけて作ったりする。

業務にどっぷりつかるコンサルの意味はあるように思うが、業務知識も技術知識も中途半端なSIerは本当に必要なのだろうか。もしかすると、そのような中途半端な人たちがやっているからこそ、長時間労働や使えないシステムができるような気もする。

なんか話が発散してしまった。仕事をきっちり終え、後ろ髪引かれず(意味がちょっと違うが…)に帰る日は遠い。私の意識を変えていく方が簡単かもしれない。