読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子チケットぴあサービス停止

年末より電子チケットぴあがサービス停止していた。

新システムへの移行のため、2007年12月25日(火) 0時 〜 2008年1月1日(火) 18時の期間(※)、 @電子チケットぴあおよび、ぴあの提携サービスはサービスを一時停止しております。 お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、更なるサービス向上のため、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

以上が引用。なんて余裕がある会社でしょう。1週間もWebからのチケット申し込みを停止するなんて、かなりの損害が出ると思うんだけど。

チケットを購入する立場から言うと、手数料の高さ、Webの使いにくさ、検索しにくさ、発売時間のトラフィック、どれを取っても満足といえるサービスではなかった。個人的にはe+を多く利用している。

チケットを販売する立場から言うと、申し込みはぴあへ行かされ、数万の初期費用を取られ、10%ほど(これは記憶が定かではない)の手数料を取られる。私の体験からだと終始担当者の態度も悪かった(手数料云々よりもこれが一番納得がいかなかった)。

おそらく、我々をお客様だと実感しない体質なんだろう。神様だと思う必要は無いが、少なくとも上から目線ではなく、フラットな目線で見てほしい。ライバルがおらず、殿様商売と化しているのが原因かもしれない。

会社に余裕があるのであれば、1週間システムを止めること自体、特に批判することではないが、一般的にこれだけの期間システムを止める会社が無い以上、この会社の体質というのに疑問を感じざるを得ない。内部の詳細を見ていないので断言はできないが、スポーツ、音楽、演劇などの発展の足を引っ張っていないか心配だ。

このリニューアルで使いやすさが向上していることを願っている。もし、大きな変化が無かったとしたら(悪くなっても挑戦しているならば評価する)、近い将来、彼らは足元をすくわれると予言しておこう。