今の自分でいいかも

相変わらず考える日々が続いているわけであるが、働くということを本当に考えさせられる2ヶ月間である。一番の問題は仕事ができない自分を受け入れるということが難しいと言うことだ。冷静に考えると、多くの経験とKnowHowを持っている人間と比べて、初めての領域をやる私が同等に対峙できるはずがない。それを受け入れるのがまだでききっていない。周りの方々には多少ご迷惑をかけつつも、知識や人脈が無く満足に仕事ができない自分を、長い目でみてやると言うのが必要だと感じる。

また、美輪明宏さんが、サラリーマンがもらう給料は我慢料だと言っていたが、まさしくその通りのことを感じている。今までは、仕事でありつつも好きにやらせてもらっていたので、我慢してばかりだったわけではない。ある意味甘い生活だったとも思う。あくまで、周りの方々に支えられて仕事ができていたということだ。そして、今生活できているのはこの仕事をやっているおかげだということを自覚しなければならない。

とは言いつつも、やはり自分の生活とのバランスは取るべきだと思う。価値観は色々であるとは思うが、会社外のことも大切にしたい。家のこと、将来のこと、音楽のこと、インターネットのこと。そこでの出来事は、私という人間の幅を広げてくれているからだ。

ただ、今の自分はあくまで通過点だとも思う。私なりに仕事の理想はあるし、生活の理想がある。これに近づくために、日々頑張っていくしかない。少なくとも、この我慢の時期は3年ほど続くのではないか、という予感がある。ここを乗り切った後の自分に期待したい。