人に載せてもらう

Blogは自分で書くものである。それだけでも学ぶことは多く、毎日発見がある。ただ、その内容が誰かの目に触れ、誰かの手によって紹介されたとき、Blogが自分にとって違う存在となる。

批判的であれ、肯定的であれ、一人で書いているときとはまったく違う感情が生まれ、それが何かを動かす原動力になる。いくら自分のために書いているとはいえ、インターネット上に公開しているわけだから、どこかその辺も期待しているわけだ。このまま毎日のように書いていき、文書力が上がり考えも整理され、いつかネット上で存在感を出したい。そんな想いは私だけでなく多くの人にもあるのではないか。

これまで、いくらいいものが書けたとしても、それを不特定多数の前に公開するすべは無かった。Blogを書く人々からその欲求が少しずつあふれ出し、今の日本語のインターネットの世界ができている。

一日どれくらいのBlogやサイトが増えているのだろうか。そのほとんどが当分消されることは無い。そう考えると、インターネットは過去の蓄積によってできている世界だと実感する。