Internet Explorer 8

姿が見えた次期Webブラウザ、Internet Explorer 8

最大の目標は、ブラウザスクリプトを使って、クライアント上の限られた容量のスペースにデータを保存できるようにすることだ。このAPIは現在、World Wide Web Consortium(W3C)により策定が進められているところ。このAPIが完成すれば、AJAXアプリケーションはオフラインでも安定して動作できるようになり、デスクトップアプリケーションと比較した場合のAJAXアプリケーションの主要な制限事項の1つを解消できることになる。

これができると大きい。Flashはこれに対応しているが、もしこれが可能となれば、Webアプリケーションの次元が変わる。よくあるニーズとして、ユーザごとに見た目やデフォルト表示などを変更してくれと言われることがある。これをサーバサイドで実現すると容量を食うし、PC上で実現するには保存容量が限定されたcookieを使うしかない。

この機能は画期的ではあるけど、IE7の数々の問題点を修正を優先して欲しいなぁ…。