読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットイナゴ

例えば炎上しているBlogなどに集まる人達をネットイナゴと言うらしい。

自分がやっている行為が何たるかを考える時、主観でしかその行為を見られない。どう見られているかというのは感じにくいわけだ。でも、その行為が「ネットイナゴ」という分類をされてしまうと、自分のやっていることを客観的に見られる視点が生まれる。

つまり、自分がネットイナゴだと分類されてしまった際の違和感というか嫌悪感というかそういうものが生まれ、それが抑止力になる可能性があるのではないだろうか。あくまで希望的観測だが、少し期待をしている。

確かに、炎上するような書き込みも悪い面はあると思う。こりゃ炎上するわ、という書き込みは結構多い。時にネガティブな意見が大変参考になることもある。でも、やりすぎな面もあるし、匿名性を利用して罵倒するというのは、心からみんなにお勧めできる行為じゃないわけで。一概にどちらが悪いとはいえないだろう。

はてなの方々が何か考えているようだ。

日本(語圏の)のインターネットが成熟するのに、このような性質が足を引っ張らないか心配だ。ハンドルネームを使ってやるのはいいんだが、それではリアルの世界と結びつきにくくなる。それこそインターネットがサブカルチャーになってしまう。

個人的には、サブカル的な世界ではなく、本当の意味でのもう一つの世界が出来てほしい。そのためには、リアルな世界と同様、ある程度の規律が必要なのではないだろうか。匿名性や表現の自由の問題、警察や法律の介入の難しさを考えると、簡単に方法論がでるわけではないけれど。

はてなの人たちが何かを考えているのは、そういう役割もあると思う。