研修を受ける

研修は新しい知識を得られると同時に、色々なことを考えることができるので好きだ。メモしていくと、ノートが真っ黒になる。

今回は、オブジェクト指向関係の研修で、その難しさを実感した。抽象化というのは、必要度が小さいものをそぎ落としていく作業であり、それをどういう基準で行っていくか、どれとどれを組み合わせていくか、色々なパターンが考えられ面白くも難しい。どうも私は苦手分野のようだ。

やはり、この世の中で生きていくには、物事を単純化し、どう意識化していくかが重要だと重ねて実感した。これが全ての評価基準なんだ。その評価自体意味があることかは別として、この難しい課題に挑んでいくというだけでも有意義な時間を過ごせるように思う。