読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogを見直す

昨年の12月終わりからやってきたこのBlogを見直しました。不思議なのは、書いたときの気持ちや感覚は、見るとほとんど思い出すということです。思い出すというのはとても感覚的で、具体的に何を覚えているかというのは表現が難しいのですが。
ただ、「こうしよう!」と書いたことは忘れていることが多いですね。例えば、最近このBlogも穴が空き始めてちょっと反省しているのですが、Blogを書くときは「昨日のことを書こう!」と書いていました。確かにそれをやればBlogは書ける。何で忘れてるんでしょうかね。
これらの文章を見るのが新鮮に思えるのは何年後でしょう。そのような感覚を体験したいものです。きっと恥ずかしいと感じるんだろうなぁ。いや、その時の感覚を覚えている今だから恥ずかしいと思うのかもしれない。その感覚を忘れていたら、他人が書いた文章のように、客観的に見られるときが来るかもしれません。