思考停止はやめよう

長男「セイゾウ」がそのお下がりを弟たちに着せる(宋文洲の傍目八目)

宋さんの見方にはいつもハッとさせられます。私達にとって当たり前と思っていた部分や、おかしいと思いながらもよく考えずにやってきたことを鋭く切ってくれる。私はいつも宋さんのコラムを楽しみに、メルマガやBlogや各社のコラムを必ず読んでいます。

日本人の多くは無宗教と言われていますが、日本人の宗教は世間です。世間がこうやっていたら無条件に信じるというのが本当に多く、典型的なムラ社会です。

私はそれはそれでいいと思います。そうやって上手くやってきたという面もたくさんあるわけですし。ただし、残念ながら人の考え方は変わってきてしまいました。インターネットの出現や、幸せの形が変わった影響、他国が近くなった影響、などなどで考え方が多様化しています。

昔は、おかしいと思っても、それが当たり前と思ってやった。完全に思考停止です。でも、今はおかしいと思ったら、おかしくないと思うやり方で生活している人が世界にはたくさんいるということがわかるわけです。宋さんのコラムがまさにそれです。日本の当たり前は、当たり前でない人がいる。紛れも無い事実ですね。

これからの世界は、どんどんフラット化され、言語の問題を除いて、日本人だからどう、アメリカ人だからどう、大企業に勤めているからどうという環境は無くなっていきます。その時に、どんなルールに従っていけばいいか。日本のムラ社会でないことは明らかです。他人の違う考え方を認めた上で、自分で自分の位置を明らかにする。もう基準は世間にありません。

そのような考える良い機会を与えてくれた宋さんが、心無い人たちのコメントによって、コラムを止めるとおっしゃっています。大変残念でなりません。個人的には、インターネットの特性として、コメントに応える必要はないのではないかと思っています。心無いコメントも、1/数億の意見ですから、大したことは無い、と考えていただければなぁ、と思います。難しいことではありますが。