立花さんの講演

ロッテの立花龍司さんの講演を聴きました。ポジティブにモノを考えるとはどういうことか。〜しないようにしよう、という思考プロセスではなく、〜しようという考えるようにする。まさに私に足りないものです。

行動家というのには2種類あって、深く物事を考えながらも行動する人、考えるのが嫌か考えることができないという理由で行動している人。行動しないよりはいいのですが、できるだけ前者で有り続けたいと考える次第です。

その中で、いても立ってもいられずに動く、というところも大事にしたいところです。