はじめての文学 村上春樹

はじめての文学 村上春樹

村上春樹の子供向け短編集。海辺のカフカなどを読んで、独自の世界に驚き、またその感覚をつかむのが難しいと感じたので、短編集を読んでみました。

短編と言えども、村上春樹の世界はそのままです。意味があるのか無いのかわからないものがたくさん出てきました。で、この本が他の本と違うのは、本人の解説が付いているところです。解説を読むと、内容の詳細な意味にとらわれることがそれほど意味を持たないことがわかりました。著者がまったく意味が無いと言っている(本当かは定かではありませんが)のを見ると、自分がわからないのが特殊ではなく、もっと自由に主観で楽しんでいいんだということに安心しました。中には本人の体験に基づいた具体的な短編もあり、色々な側面を見ることが出来たと言う意味でも楽しめました。

自己満足ではありますが、自分でも短編を書いてみようかという気にも(笑)。楽しそうだから書いてみてここで公開してみようかなぁ。

大変面白かったので、改めて長編も読んでみようと思いました。