考えるという麻薬

今日は、8時に会社に行きました。もちろん、その必要があったからなんですけど、やはり早めに行くのはいいですね。電車は比較的空いていますし、会社に行ってからも人が少なくて集中できる環境があります。やはりできるだけこの時間に行けるよう心がけたいと思います。ただし、前日は早く寝るという条件付になってしまいますが…。それがなかなかムズカシイのです。

昨日から、土曜の音楽的なことや、本の内容のことを考えているせいで、頭の中は考え事で一杯です。そのおかげかわかりませんが、少し心の波長が荒れてきました。考え事をすると言うことは、結論を出そうとしていることだと思います。この世界はそんな単純に結論が出せるような問題は少なく、どうしてもその結論は単純化した結論になってしまい、その結論に違和感を覚えて、行き詰る。そんなところでしょう。

そう考えると、学校で習うことって必ず答えがありますよね。実際はそんな簡単な問題ばかりではないのに、どうも安易に答えを探すクセが残っていてそのギャップに苦しんできました。最近やっと「そんな単純な世界ではない」とわかり始めたからというのもあるのかもしれませんが。なーんて学校教育のせいにしたりして。それこそそんな単純な問題では無いですね。