日光の旅2日目

2日目。起きたときはきれいに晴れていた!う〜ん、これで曇り男(雨男ならぬ)の汚名挽回かと感慨深くなった…が、西の山の上は白い…。これはもしやと思ったら案の定、1時間後は薄曇り。やっぱり曇り男だった。もちろん朝は納豆。

東武日光駅まで歩き、バスに乗って明智平へ。明智平のロープウェーは一度も乗ったことが無かったので、少し期待して行った。いろは坂の上の方は、雲ではなくて雪が舞っていたから白かったようだ。それが雲というのかもしれない。でも下界もきれいに見え、白くなっている山は秋に来たときとは違う場所のようだった。

そして明智平。誰もいない。もちろんロープウェーも動いていない(泣)。これは、風が強かったからではなく雪が積もったからのようだった。係の人が雪かきをして、その後試運転。午後は動いたんだろうな。雪は30センチくらい積もっていて、さらさらだった。こういう雪は東京で見ることが少ないから楽しい。空気もいい。でも寒い。次のバスまでの30分が長かった。

次に華厳の滝へ。中禅寺湖のバス停から徒歩5分だったにもかかわらず、強風、雪で寒いの何の。華厳の滝は美しかった。私は秋より雪景色の方が好き。看板にはマイナス三度と…。寒いのは当たり前だ。

これにて日光観光は終了。湯葉弁当を食べながらスペーシアに乗って帰りました

雪という都会ではめったに経験しないものに遭遇し、大変いい旅でした。もう日本に人間の手が入っていないという意味での自然は残っていないけど、気候は人間がどうしようも無いもの。寒かったけども、予定外に普段出来ない対抗できないものに触れ、新鮮で楽しかった。

電車とバスの旅はいい。車よりは不便だが、制限されてるからこそ、ゆったり動く(しかない)ことができる。またこういう旅にしよう。次は京都に行きたい。

夜も納豆を食べました