読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弦楽器のうねり

久々に実家へ帰る。横になりながらチャンネルの多いデジタルテレビをピコピコしていたところ、サイトウキネンフェスティバルがやっていた。映像はきれいだし、音もいい。物心付いたときには、デジタルが中心になっていたからか、どうもアナログの良さという…

日本のリズム

大晦日は、近年で一番多く紅白歌合戦を見た。視聴率が低いとか話題の歌手が出ないとか叩かれまくってるけど、あれだけの歌手をあれだけのセットで生放送でやるということ自体すごいこと。我々のような小さなアマチュアの演奏会をひとつやるだけでもとても大…

林 英哲 with オーケストラ

林 英哲さんのソロ活動25周年記念演奏会に行ってきた。 12月15日 サントリーホール [19:00開演] 出演:林 英哲 管弦楽:東京交響楽団、指揮:岩村 力、ゲスト・ソリスト&太鼓 近藤高顕(ティンパニ)、鈴木隆太(オルガン)英哲風雲の会(上田秀一郎、はせ…

メロディメーカー

iPod nanoを買って以来、ポッドキャストの他にJazzとクラシックはガーシュウィンとエルガーばかり聴いている。JazzはPetruccianiとKeith Jarret。エルガーで大好きなのは交響曲第1番。ガーシュウィンで大好きなのはピアノ協奏曲ヘ長調。もちろん、ガーシュウ…

キースジャレットの譜面

ジャズピアノコレクション キースジャレット購入。全てではないが、技術的には弾けない譜面ではなかった。本当にいい曲、いいアレンジ(即興)だ…。弾いてみてわかるのは、所詮譜面なんて記号であって、表現のほとんどは書いていないということだ。音符は恐…

キースジャレット

The Melody At Night, With You The Koln Concert キースのアルバムを会社の人から借りて、あまりにも良かったので、ソロアルバムをTSUTAYAで借りてみた。む〜、いい。「The Melody At Night, With You」はど真ん中ストライク。このやさしい暖かさはなんなん…

指揮を振る

久しぶりに指揮を振る。人生何回目だ?5回目くらいか…。今回は覚悟を決め、指揮にぶつかってみた。おかげさまで自分の中で一番上手く振れたと思う。なんとか3時間も持ったし。演奏者がほとんど初見だったため、譜読みになるつもりでやってみた。譜面に書いて…

去年の演奏を聴く

久しぶりに、自分の過去の演奏を聴く。あいも変わらずへたくそだなー。多少へたくそ度は減ったような気もするが、箸にも棒にもかからん。こんな私には音楽を語る資格は無いな(笑)。とはいえ、以前より下手な自分に落ち込むことは無くなったように思う。よう…

本番が終わった。

今更ではありますが、日曜日に、ブルックナー交響曲第7番のシンバル、叩いてまいりました。来ていただいた皆様、ありがとうございました!たった一発に賭け、自分にとって最高の音を出すことができました。タイミング、音色、音量とも最高です。これ以上、今…

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきました。本当は、昼間から色々聴きたかったんですけど、1週間前にチケットを取ったので、夜だけに。 21時開演 レ・シエクル(オケ) フランソワ=グザヴィエ・ロス(指揮) ビゼー:交響曲 ハ長調 シャブリエ:…

ブル7の中のシンバル

一つ結論を出しました。ブル7という文脈という意味でシンバル(トライアングルも)を考えると違和感がありました。だってなぜあそこでシンバル?全体との関連性はまったく無いわけで、正直安易ではないかと言いたくなってしまいます。クラシック音楽というの…

画家マチスを聴く

次回の演奏会の曲にヒンデミットの画家マチスがほぼ決まったようで、聴いてみる。とてもいい曲だろうということは感じるんだけども、ひとつひとつの意味が捉えられない。今まではそこで演奏しながら意味を捉えていこう、自分の演奏する場面だけを捉えて行こ…

少し掴み始める。

今日は楽器の練習。先週いい楽器を使ったおかげで、今日はいつもの楽器でもそれなりの音を出すことが出来たと思います。今までは全て私が悪いと思っていたので、無理やり楽器に「出せー、出せー」と力ずくで行ってたんですけど、出来るだけ楽器と会話するこ…

ぷれみあ

オケの練習でプレミアのティンパニを借りて演奏してみました。 プレミアなめてた。 この間の展覧会の絵は、音量と音色のバランスを考えた上で、私が出来る最高の音量だと思いました。それは、私自身の打楽器の限界だと思っておりました。でも、違った。プレ…

指揮を振ること

今日は指揮を分奏の指揮を振り(振らされ)ました。そのことを数十分前に告げられたため、何の用意もなし。これが初めてではないので、しょうがないか、と思いながらも、少し焦りました。同じ事を3週間くらい前にやり、もうそれ以上言うことは無かったんです。…

エルガー威風堂々第6番

交響曲第3番を補筆したアンソニーペインが威風堂々第6番を補筆し、2006年のProms26にて初演されたそうです。その際の音源が以下で公開されています。 http://www.bbc.co.uk/radio/aod/networks/radio3/aod.shtml?radio3/prom26b#これについては賛否両論ある…

弦楽四重奏。

弦楽四重奏による「ドラゴンクエスト」を買っちゃいました(笑)。このCDは結構「買い」だと思いますよ。編曲もいいし、もちろん音楽もいい。「そして伝説へ」最高です。なんつーか血が騒ぐんだよなぁ。久しぶりに6の音楽を聴いたときは鳥肌が立ってしまった……

合奏

昨日は合奏だった。個人的な演奏としてはまあまあかな。もちろん細かいところを見ると、色々ある…。今回は余裕があるので、細かいところも突き詰めていきたいと思ってます。(ほとんど)乗っていないブルックナー交響曲第7番は、当たり前だが難しい。でも、1回…